松虫寺の歴史

 松虫寺は、今から凡そ一二五〇年前、奈良時代の聖武天皇の天平十五年(743)
僧行基の創建と伝えられ、はじめ三論宗のち天台宗、そして真言宗豊山派に所属して現在に至っている。

 寺伝によれば、聖武天皇の皇女松虫姫(不破内親王)が重い病に患われた時、不思議な夢のお告げにより下総に下向され、萩原郷に祀られていた薬師仏に祈って重患平癒したので、天皇は僧行基に命じて七仏薬師を祀って一寺を建立し、姫の御名をとって松虫寺と名づけられたという。

 現在の本尊は、平安後期に改刻された七仏薬師群像で、藤原彫刻の特色を伝える優像として昭和34年、国の重要文化財の指定を受けた。榧(かや)材を用いた一木造りの彫眼像で彩色は施されていない。

 現在は仏像の完全な保存を期するため保存庫(瑠璃光殿)に安置されている。

 南面する建物、仁王門と薬師堂は共に江戸時代の享保三年(1718)に八代将軍吉宗公の援助をうけて改築されたもので江戸板橋の大工、源太夫の作である。

 摩尼珠山の山号は、讃州松平家の儒者佐々木 文山の筆。
 薬師堂の偏額、瑠璃閣は釈雲照の筆である。
 西面する四脚門、本堂は慶応元年(1865)の建立で、阿弥陀如来・不動明王そして松虫姫尊像をまつる。

 薬師堂の裏手にある松虫姫御廟は姫薨去の際の遺言により、御遺骨を分けて埋葬されたものと伝えている。

 境内の六所神社と松虫姫神社は、松虫寺が別当として管理していたが、明治の神仏分離令によって神社の所管に移された。

 その他、主な什物
◇南北朝時代の鋳銅孔雀文磬(県指定重要文化財)
◇戦国末期の天正十三年(1585)製の鰐口及び同時代の三具足。
◇江戸末期、狩野 栄保作の涅槃図。
◇近代を代表する鋳金家、香取 秀真作の寺印などが伝えられている。

 境内の老銀杏は、松虫姫が愛用の杖を帰京にさいし、祈念のために寺庭に挿しておかれたものが根づいたものといわれ、当山境内最古の老樹として姫の伝説を今に伝えている。

 尚、松虫姫に関する旧蹟は、松虫の地名と共に付近に現存して里人に語り継がれてい
る。